認定医師秘書 合格するなら

資格試験の詳細

認定医師秘書の資格試験

 
資格目的

医師事務作業補助者業務の従事で求められる能力を有すことを証明します。

 

受験対象者

医療機関に医師事務作業補助者として従事している方、従事しようと準備している方。

 

受験資格

1 当協会指定教育機関において認定医師秘書 講座の受講修了をした者
2 医療機関において医師事務作業補助職として6ヶ月以上(32時間以上の基礎講習や研修等を修了している者を含める)の実務経験を有し、当協会規定の実務経験証明書において、実務経験保有者と確認が取れる者
※医療事務、経営・管理に関する事務・看護・診療補助等は該当しない

 

出題範囲およびガイドライン

学科(医師事務作業補助基本知識)
(1)医療関連法規
  医療法・医師法・薬事法・介護保険法および関連法規の概要
(2)医療保険制度
  健康保険法、国民健康保険法、保険医療機関及び、保険医療療養担当規則、労働者災害補助保険法、自動車損害賠償保障法
(3)医学・薬学一般
  解剖生理、病理・疾患、診断及び治療、医療用語、薬事法、薬理薬剤学
(4)診療録及び電子カルテ
  診療録概要と関連法、電子カルテ・オーダリングシステム
(5)個人情報保護
  個人情報保護法、医療・介護関連事業者における個人情報の適切な扱いの為のガイドライン
(6)医師事務作業補助業務
  代行記載・入力業務、文書作成補助業務、医療の質の向上に関する事務作業・行政に関する業務
(7)病院管理・組織
  安全管理、病院組織

(8)医療人としての接遇マナー
 病院における接遇(マインド編)、接遇応対の基本(技術編)、認定医療秘書の仕事
実技(医療文書作成)
(1)医師事務作業補助業務
  @ 診療録・処方せんの作成 A 各種診療書・証明書・申請書の作成

 

試験日時
最新情報は随時更新

第12回 平成24年3月25日(日)

 

3月、7月、9月、12月
年4回

 

試験会場

在宅試験

 

受験料

8,000円

 

願書提出期間
最新情報は随時更新

第12回 平成24年1月10日(火)〜平成24年2月10日(金)

 

提出願書はこちらからダウンロードできます

 

 

認定書

 

スポンサードリンク










ホーム RSS購読 サイトマップ