認定医師秘書 合格するなら

医師秘書の仕事

医師事務作業補助者とは?

厚生労働省より「平成20年度診療報酬改定の基本方針」により、緊急課題として勤務医負担軽減のため
「勤務医の事務作業を補助する職員の配置」が示され「診療報酬点数加算」に「医師事務作業補助体制加算」が新設されました。
それに伴い、厚生労働省が示す業務内容に必要な知識・技能を修得する時間数(32時間以上)が定められています。当協会の附属校ならびに指定校では、この規定に準じた教育を修了した証明として認定医師秘書TMとして実務能力認定評価を実施しています。

 

 

認定医師秘書TMの仕事内容

医療関係の書類作成・カルテなどの記録代行

 

診断書、処方箋などの作成
検査・手術の予約
入院手続き・準備
カルテ・電子カルテなどの記録代行
検査結果の情報収集
検査・処方などのオーダー業務
スケジュール表作成

 

行政等への報告業務

 

感染症サーベイランス報告

 

 

 

 

 

 

 

医療の質を高める業務

 

院内統計業務
カンファレンス業務
診断・医療に関するデータ収集・分析

 

 

 

 

 

厚生労働省は、医師事務作業補助体制をとっている医療機関を診療報酬点数加算の対象としました。これによって医療機関は、医師事務作業補助体制をとるようになってきています。病院勤務医の業務負担を軽減する為に講じられたこのな動きにより、医師事務作業補助者である認定医師秘書?のニーズは増加傾向となっており、多くの医療機関で認定医師秘書?の有資格者が優遇されています。医師の業務をサポートし、医療の質の向上に努め、治療を受ける患者へのサービス向上を目指すのが、「認定医師秘書?」なのです。

スポンサードリンク










ホーム RSS購読 サイトマップ