認定医師秘書 合格するなら 『認定医師秘書 資格なび』

認定医師秘書 資格なび

 

仕事はどんなことをする?

『 医師をサポートするスペシャリスト 』

 

医師秘書は、医師の負担軽減のため、「医師の事務作業を補助する」ことがメインの仕事です。

医師の指示のもと、診断書の作成、処方箋の作成、診断や検査の予約、各種スケジューリングを医師に代わって行います。2008年から医師事務作業補助者の配置が診療報酬に盛り込まれたことで、注目度がアップしている職種です。医療用語の理解や医療機関ならではの知識と経験が必要となるため、医療事務の中でもワンランクアップの資格です「患者さんと医師」、または「医師と看護師」との連携を強化する医療事務スペシャリストです。

 

 

働き方は様々

『 幅広い雇用形態 』

 

医療事務系が人気の理由をご存知でしょうか。
最近ですと、特に女性に人気となっている「医療事務」資格。なぜ女性に人気なのでしょうか。
その理由は雇用形態の幅にあります。
病院が医師秘書を募集する際の雇用形態には「パート」「正社員」「派遣」などがあります。

 

女性の中には結婚や出産をきっかけに、仕事を辞める方が多いです。しかし、その後に仕事をしたい、家計にプラスしたいという考えをもって、仕事を探すケースがあります。医療事務系の仕事が人気なのは、ライフスタイルに合わせた仕事ができ、私生活でも役立つ知識もあり、有資格だからこそ、パートやアルバイトの仕事の中でも比較的時給が良いことが選ばれる理由です。

 

医師秘書のニーズある?

『 ニーズ急増の見込みあり! 』

 

実は「認定医師秘書」の資格は2008年に出来たばかり。まだ、新設されたばかりなので世の中ではあまり知られていないような仕事ではありますが、ニーズは急増すると言っても過言ではないでしょう。

医療は欠かせないものですが、医療従事者である医師に新たになろうとする人は減少傾向にあります。それは医師の仕事が激務だからです。病院は医師不足で困り、医師が十分にいないから、現状在籍する医師に負担をかけるしかない。その負のスパイラルに陥ってしまっているのが、現状です。
医師秘書はそんな医師の業務の一部(事務)を代行することで、医師の負担軽減を実現し、医師と患者さん、看護士さんとの良好な関係性を築くことにも貢献する重要な役割を担います。医師の負担軽減が急務だからこそ、医師秘書は欠かせない存在となることでしょう。

 


 

平均年収

資格難易度

独学

約350万円

平均合格率60%

少々難あり

昨今、医療従事者不足が社会的に問題になっており、ニーズは増加傾向にあります。
ただ、年収を見てみても、医師秘書専門で生活していく人は少ないようです。

 

しかし、医療系資格でも大人気の「医療事務」と合わせて「認定医師秘書」資格を取得していれば、
仕事幅は広がり、医師とのコミュニケーションもグンっと上がる可能性があります。
医師不足が続けば、ひとりひとりの医師は手術・治療にかかる時間も多くなります。現在のような、書類作成などの事務作業は、アウトソーシング(誰かに任せる)したい。
医師秘書のちからは昨今の時流を考えれば、必然と求められるスキル・資格になっていきます。

 

他者に先を越される前に、他者より先に動くために、「医療事務」のように多くの人が取り始める前に
取り掛かることをおすすめしています。

スポンサードリンク










ホーム RSS購読 サイトマップ